一人暮らしナビ

2010年12月26日

エアコンの位置

エアコンは備え付けられている場合とそうでない場合があります。

備え付けられていないのであれば自らで購入し、つけなければなりません。

エアコンが設置可能な部屋は決められていて、エアコン用の電源と穴がある部屋に設置を行います。

設置の時は壁に穴をあけることもありますので、穴をあけて良いのかどうかなどの条件を大家や管理会社に確認しましょう。

なお、複数部屋ある場合でも、エアコンを1箇所しかつけられない場合もあります。このため、エアコンは設置が出来ない部屋まで空気が送り込めるような性能が高めのものを選ぶと良いでしょう。

もしくは、別の部屋は別の機器で対応することも検討します。冬であればさまざまな暖房機器を、夏であれば扇風機などで対応しましょう。

事前にエアコンのある部屋を確認し、どこにどのようにして生活をするかをあらかじめシミュレーションしておくと引越しの日に困らなくて良いと思われます。

posted by あすなろ at 21:00| Comment(0) | 部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。