一人暮らしナビ

2011年01月06日

不動産屋の審査

入居には審査が必要となります。これは契約前に行われます。

審査に必要な書類に記入し、提出します。後日、審査結果が明らかになり、契約に進みます。

審査に必要な事項として、本人だけでなく、保証人の情報も必要になります。氏名はもちろんのこと、住所や年齢など、普段から分かっていることのほかに、生年月日、会社名、会社住所、役職、収入、勤続年数など、保証人本人でなければわからない情報もあると思われますので、事前に、もしくは書類を受け取った後にでも聞いておきましょう。

会社の名刺を1枚貰っておくと、スムーズに記入が出来るでしょう。収入部分に関しては適当に書くと契約時に保証人収入証明書と異なった時に問題となるため、正しい値を書く必要があります。

まともな人であれば基本的に落とされることは少ないです。ただ、次の点だけは注意しておきましょう。

クレジットカードで以前ブラックリストに載ったことがある場合、審査に落ちることがあります。これは、家賃の支払方法がクレジットカードで行うところだと、クレジットカードの審査が通らず、結果として賃貸契約も出来なくなるからです。

保証人に支払能力がない、もしくは高齢の場合も該当します。保証人は入居者が支払いを出来なくなった時に代わりに支払ってもらう人となります。そのため、保証人の収入が少なかったり、高齢で物事の判断が困難になっていると思われる年齢の場合は断られる可能性があります。この場合は、別の保証人を探します。

ただし、保証人は親族が基本となり、知り合いなどの第三者の場合はそれだけで審査から落とされることになります。なお、最近は一定額を払うことで保証人となってもらえるサービスがありますので、そうしたサービスを利用することも検討すると良いでしょう。

容姿に問題がある人も審査に影響します。別に格好が良い悪い、ということではなく、明らかに裏社会に生きていそうな姿の場合は、断られる可能性があります。

借金が多そうな場合も注意が必要です。これは姉歯建築設計事務所による偽装建築問題で、マンションに入居していた人が部屋を借りようとした際に、断られたという話が例として挙げられます。基本的に借金に関してまで調べられることはありませんが、借金が多いという事実が明らかになっているのであれば審査で落ちることもありえます。

他にもいろいろとポイントがありますが、主だったところは以上となります。

なお、法人契約の場合は別途会社絡みの資料(会社案内、会社謄本など)を要求されますので、社宅として借りる場合は事前に資料を用意しておきましょう。

posted by あすなろ at 20:00| Comment(0) | 部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。